2008年05月15日

背中の痛みによるサイン

メディアでは腰痛や肩こりなどがピップアップされがちですが、いざ背中の痛みを感じたことがあるかどうか聞いてみると、大半の人が背中の痛みを感じたことがある、と、答えます。
腰痛や肩こり同様、背中の痛みは私たちにとって身近な悩みなのです。

筋肉痛を初めとし、背中の痛みには様々な原因があり、内臓の病気のサインである場合もあります。
腰痛や肩こりじゃなく、背中の痛みだから…と軽視せず、痛みの原因、症状、内臓の病気との関係を知り、健康を維持できるよう努めていきましょう。

ニックネーム NAKA at 00:00| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

筋筋膜痛症候群

背中の痛みは様々な原因によって引き起こされますが、その中でも特に筋筋膜痛症候群が最も多く報告されています。
これは筋肉の使いすぎや、筋肉の障害により、筋肉内に硬いしこりのような緊張帯ができてしまう症状です。

筋肉を触ると強い痛みを感じる部分があるのが特徴です。

背中の筋肉への負担やストレスを原因として発生します。
日頃の姿勢が悪かったり、睡眠不測で悪化する場合もあります。

特にデスクワークなど、背中の血行が悪くなりやすい環境下では、筋筋膜痛症候群になりやすいので注意が必要です。

ニックネーム NAKA at 00:00| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

背中の痛みと内臓の病気(右背中編)

背中の筋肉に異常はなくとも、内臓の病気を原因として背中の痛みが発生する場合があります。

右の背中が痛い場合、肝臓、胆のう、十二指腸潰瘍の内臓の病気が予想されます。
背中の右側が痛いからといって、必ずこれらの病気というわけではありませんが、知識があれば病院で受診した際に役立つ事でしょう。

もし、右背中の鋭い痛みの他に、右肋骨の下にも痛みを感じるのであれば胆石症の可能性もあります。

ニックネーム NAKA at 00:00| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

背中の痛みと内臓の病気(左背中編)

背中の筋肉に異常はなくとも、内臓の病気を原因として背中の痛みが発生する場合があります。

左の背中が痛い場合、すい臓の疾患が考えられます。
心臓も体の左側にあると言われていますが、正確にはほぼ中央に位置しており、極端に体の左側、とは言えなく、左の背中が痛むからといって、狭心症、心筋梗塞の疑いがあるという事はほとんどありません。

慢性膵炎等、すい臓の疾患は進行が遅い為、発見し難く、いざ見つかった時には深刻な状態になっていることが珍しくありません。
左の背中の痛みの以外に腹痛を感じるのであれば、慢性すい炎初期の可能性があります。
アルコールをよく飲む人はこの点に気をつけておき、異常を感じたら医療機関を受診しましょう。

ニックネーム NAKA at 00:00| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

その他考えられる病

筋肉の損傷、上記内臓系疾患の他にヘルニアや狭心症など、全身の病でも背中の痛みが発生することがあります。
また、癌などの悪性腫瘍や、肺炎、化膿性椎間板炎等の細菌感染症によって現れる痛みもあります。

背中の痛みを感じたら筋肉痛だと思い込みすぎず、その他の可能性も疑った上で経過を見ましょう。

ニックネーム NAKA at 00:00| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする